市民講演会
「回転運動の力学~ふしぎなおもちゃから自然の脅威まで~」


講師紹介:

Prof. H. K. Moffatt (ケンブリッジ大学名誉教授)

Keith Moffatt is Emeritus Professor of Mathematical Physics and Fellow of Trinity College, Cambridge. His speciality is Fluid Dynamics, with many contributions in magnetohydrodynamics, turbulence, and low-Reynolds-number flow. Born and schooled in Edinburgh, Scotland, he graduated in mathematical sciences from Edinburgh University in 1957, and took his PhD in Cambridge under George Batchelor in 1962. He is well known for the discovery of corner eddies in Stokes flow in 1964, and for the discovery of helicity as a topological invariant of the Euler equations in 1969. His monograph “Generation of Magnetic Fields in Electrically Conducting Fluids” (CUP 1978) is the standard introduction to dynamo theory, with applications in geophysics and astrophysics. He edited the Journal of Fluid Mechanics for 18 years (1966-1983). Keith Moffatt has spent most of his career in Cambridge, with a three-year break as Professor of Applied Mathematics at Bristol University (1977-1980). He served as Head of DAMTP in Cambridge (1983-1991) and is a former Director of the Newton Institute (1996-2001). He served as President of the International Union of Theoretical and Applied Mechanics (IUTAM) (2000-2004). He was elected FRS in 1986, and is a member of the National Scientific Academies of France, Italy, the Netherlands, and USA (National Academy of Sciences). He holds honorary doctorates from Grenoble, Edinburgh, Glasgow, Eindhoven, and the State University of New York (SUNY at Utica). He has won many awards including the Hughes Medal of the Royal Society, the Senior Whitehead Prize (London Mathematical Society), the European Fluid Mechanics Prize and the David Crighton Medal.


下村 裕 (慶応義塾大学 教授)

慶應義塾大学法学部教授。理学博士。
1989年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。
東京大学理学部助手, 慶應義塾大学法学部専任講師, 同助教授を経て, 2000年よ
り現職。
2006年より2012年まで慶應義塾志木高等学校校長を兼務。

主な研究分野は力学。
2000年から2002年までケンブリッジ大学に研究留学し, 回転卵の力学についてKeith Moffattと共同研究した。
主な著書として『ケンブリッジの卵―回る卵はなぜ立ち上がりジャンプするのか 』(慶應義塾大学出版会, 2007年)がある。


新野 宏 教授 (東京大学大気海洋研究所所長)

略歴:
1981年3月 東京大学大学院理学系研究科地球物理専門課程博士課程単位取得の上中退
1981年4月 気象庁気象研究所・物理気象研究部第二研究室 研究官
1983年3月 理学博士(東京大学)
1983年6月 気象庁気象研究所・物理気象研究部第二研究室 主任研究官
1987年11月-1988年11月 英国ケンブリッジ大学理論物理応用数学教室 客員研究員
1995年4月 東京大学海洋研究所・助教授に転任
2003年10月 東京大学海洋研究所教授
2010年4月 海洋研究所の改組により東京大学大気海洋研究所教授
2011年4月- 東京大学大気海洋研究所所長(教授兼任)

学会等活動:
1996年- (社)日本気象学会理事
2005-2007年 (社)日本流体力学会理事
2005年- (社)日本流体力学会フェロー会員
2007年- (社)日本気象学会理事長
2008-2012年 日本風工学会理事
2011年- 日本学術会議連携会員

受賞:
2009年日本気象学会賞
2010年日本気象学会気象集誌論文賞
2010年日本気象学会SOLA論文賞
2011年度日本水産学会論文賞,
2011年日本風工学会出版賞

専門・興味を持っていること:
地球流体力学、気象学(台風や竜巻、塵旋風などの渦の力学、メソスケールの気象学とりわけ積乱雲に伴う突風や豪雨などの現象、大気境界層と呼ばれる地表付近の気流など)

原著論文 57編
著書:放送大学「身近な気象学」の教科書、朝倉書店「教養の気象学」ほか